審美歯科

きらりと輝く白く美しい歯を目指して~審美歯科~

歯の一番の役割は食べものを咬むことですが、最近はそれだけではなく、見た目も重視されるようになりました。機能を充分に果たし、なおかつ見た目が美しい歯を目指した診療が「審美歯科」です。

また、以前から虫歯治療でよく使われていた合金製の銀歯は、金属アレルギーを引き起こす原因になるおそれがあります。そのため、当院では、金属を使わない「メタルフリー治療」も行っています。金属アレルギーが心配な方、金属アレルギーが疑われる方はお気軽にご相談ください。

取り扱い素材

オールセラミック

本物の歯のように透明感のある「セラミック」を100%使った素材です。色味を調整でき、変色も少ないため、より自然な印象を長期間にわたって維持できます。また、金属を使っていないため、金属アレルギーの方にも使用できます。ただ、弾性が低いため衝撃に弱く、強い力がかかると欠けることもあります。

ハイブリッドセラミック

セラミックに歯科用プラスチックであるレジンをプラスした素材です。天然の歯と同じくらいの硬さで、咬み合う歯を傷付けません。審美性はオールセラミックより少し劣りますが、汚れが付きやすく、変色してしまうことがあります。ただ、金属アレルギーの心配はありません。

ジルコニア

セラミックの一種で、審美性・耐久性に優れており、人工ダイヤモンドとしても使用されている高品質な素材です。強度としなやかさを兼ね備えているため、欠けたり割れたりする心配はありません。また、金属アレルギーの心配もありません。

メタルボンド

金属の土台にセラミックを焼き付けた被せものです。歯の裏側は金属が見えてしまいますが、表面は天然歯のような自然な質感を再現します。ベースが金属のため、強い力がかかっても破損しにくく、奥歯にも多く利用されます。金属を使用しているため、金属アレルギーのある方にはおすすめできませんが、土台をアレルギーの心配のない貴金属に替えることもできます。

審美治療メニュー

上部構造

  • クラウン

歯を大きく削った後に装着する被せものです。失った歯の機能を取り戻すことを目的とした治療だけでなく、短期間で歯並びを整えたい場合の治療にも使用します。

  • インレー

歯を少し削った際に用いられる白い詰めものです。

  • ラミネートベニア

歯の表面のエナメル質をわずかに削り、その上から薄いセラミックの板を貼り付ける方法です。生まれつき歯が変色しているなどホワイトニングを行っても効果を実感できないときにおすすめ。また、軽い矯正効果があるため、歯間が気になる、歯の一部が欠けてしまったときなどにも有効です。

土台

  • ファイバーコア

人工歯を被せるための土台を形成する際に用いられる、グラスファイバー製の芯(コア)です。コアに金属を使用すると、金属アレルギーや歯ぐきの変色が起こる場合がありますが、ファイバーコアならそのような心配はありません。また、透明感のある素材を用いているため、人工歯の審美性を損ねません。

  • オールセラミック前
  • オールセラミック前
  • ラミネートベニア前
  • ラミネートベニア後1
  • ラミネートベニア後2
  • 歯の漂白前
  • 歯の漂白後
  • 歯の漂白前
  • 歯の漂白(8日後)
  • 歯の漂白(21日後)
  • 歯の漂白完了
  • 漂白レジン修復前(保険)
  • 漂白レジン修復後1(保険)
  • 漂白レジン修復後2(保険)

バリアフリー設備が整っている「医療法人兼仁会 秋田歯科」へのお問い合わせはこちらから。訪問診療のご依頼も受け付けます。

ページのトップへ戻る